医院名改称につきまして

日根野医院は院長の交代に際し、2016年9月よりきしもと泌尿器科クリニックへ改称いたしました。
現在継続的に受診されておられる患者様につきましては、皮膚科、泌尿器科とも現在お持ちの診察券にて、引き続き再診として受診していただけます。
患者様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

当院の紹介と診療理念

昭和58年11月に三田市に開院してから20余年にわたり、
当地の地域医療に貢献してまいりました。
この間専門医として日進月歩の医学に対応するため、常に知識と技術の研鑽、
医療設備の更新に努めてまいりました。
これからも近隣病院、診療所との連携を密にし、
皆様に信頼される医療を提供することで、
三田の地域医療の一翼を担ってまいりたいと考えております。

当院の専門分野は、他人に相談しづらく受診をためらうような病気や、年齢のためとあきらめてしまいがちな病気が多いのが特徴です。そういった方々にも相談してよかった、治療を受けてよかった、と思っていただけるよう、常に患者様との対話を大切に、心のこもった医療を心がけております。一人でも多くの方々のお役に立つことができれば幸いです。

院内紹介・機器紹介
※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。
IMG
スカイフロー(尿流量測定装置付きトイレ)
2016年1月に導入しました。待合室のトイレにはTOTOのスカイフローを導入いたしました。このトイレは通常のトイレとしての使用のほか、尿の勢い、時間などを計測する検査機器としても使用できます。限りなく自然な状態での排尿の状態を調べることで、適切な治療を行う大きな手がかりとなります。
IMG
レントゲン撮影装置
2016年1月に島津製作所製のRADspeed Proへ更新いたしました。低被爆で診療所レベルとしては高性能であり、撮影した画像は即座にコンピューターにて取り込まれ、診断に用いることができます。
結石や腎盂尿管癌等の検査に用います。
IMG
処置室ベッド
電動ベッドを導入し、どなたでも負担が少なく移乗できるようになりました。
抗菌のカーテンが周囲を覆うことでプライバシーを保ちながら点滴等の処置が行えるようになっております。
IMG
電子カルテ
2016年4月より導入いたしました。処方箋発行、会計システムが一体化されており待ち時間の短縮と円滑な情報が期待されます。
ただ導入当初は不慣れなため、逆にご迷惑をおかけすることもあるかと思いますがご容赦ください。(表示されているのは実在しない模擬患者です。)
IMG
膀胱尿道鏡ユニット
オリンパス社製の軟性膀胱鏡を使用しております。膀胱内を直接観察することで、膀胱内の結石や腫瘍の発見に役立ちます。軟性鏡を使用することでできる限り患者様の疼痛、負担の軽減を図っております。
IMG
ウロマスター(干渉低周波による尿失禁治療装置)
干渉低周波電流を用いることにより骨盤底筋群などに刺激を与え、難治性の尿失禁の改善を図ります。保険適応内の治療です。
IMG
超音波検査機器
東芝メディカル製のエコー検査装置を導入しました。
従来の装置と比べ精密な画像処理を行うことにより、クリアな画像で診断を行うことが可能になりました。
IMGIMG
診察室、待合室
2016年1月に改装を行い、待合室は明るく清潔感のある雰囲気に、受付はオープンになり広く開放感を感じることができるようにイメージいたしました。
逆に診察室は独立した部屋となり、プライバシーに最大限の配慮しております。

 

 

 

 


三田市 泌尿器科/皮膚科 きしもと泌尿器科クリニック
三田市駅前町8-4三田サウスV2F TEL/079-564-2002
HINENO CLINIC ALLRIGHTSRESERVED designed by R-design